女性作業員

次世代の魚群探知機やPLCを導入する|世界を拓く特殊機械

安全に作業を行なう

重機

工場や建設現場ではクレーンを使われることが多くあります。クレーンの中にはいろいろな種類があり、運搬する重量物などによって適切な種類を選ばないといけません。また、クレーンフックにもいろいろな種類があるので適切な物を選ぶ必要が出てきます。
クレーンフックは、事故を未然に防ぐためにも必要な装具となっています。重量物を運搬するためにクロムモリブデン鋼で作られているクレーンフックは、強度が高く重たい重量物でも壊れる心配がありません。その中でも外れ防止装置が付いているフックとついていないフックもあるので用途によって使い分けましょう。

クレーン作業をしている際にフックにワイヤーを掛けることが多くある場合、外れて重量物が転倒する事故が起こります。これらの事故は、今までも発生しており、死亡事故まで発展しています。こういった状況を防ぐためにもストッパーが厳重に付いているクレーンフックを選ぶことが大切でしょう。一般的には、ハズレ防止装置は一つしかついていませんが、2重で外れ止装置がついている種類もあります。これを利用することで無負荷のときにワイヤーが外れてしまうことを防ぐことができ、安全にクレーン作業を行なえるようになります。安全に作業を進めるためにも2重で安全対策を行なっておきましょう。

クレーン作業をする際には、クレーンフックの点検を怠らないようにしておきましょう。クレーンフックも使っていると傷がついたり、摩耗したりします。それを見逃しておくと事故になりかねないので見逃さないように使用前には、点検を行ないましょう。

Copyright© 2015 次世代の魚群探知機やPLCを導入する|世界を拓く特殊機械All Rights Reserved.