女性作業員

次世代の魚群探知機やPLCを導入する|世界を拓く特殊機械

土の質を高める

工場

建設現場や土質改良現場では、たくさんの土を掘り返すようになるでしょう。そういった際は残土処理を行なって再利用できる状態にすることが企業内で注目されていることです。今まで分別処理ができないという企業でも土質改良機を導入することで処理をすることができ、再利用ができるようになります。捨てていた残土も処理をすることで再利用ができ、コスト削減にも繋がりますし、使わない場合は売ることもできます。

最近の土質改良機では、ふるい機やショベルカー、粉砕機、ベルトコンベアなどを使います。それらを使うことで鉄や岩、石、砂、粘土に分けられるようになるでしょう。
建設現場では、粘度性の高い土も出てきます。これらは一般的な土質改良機ではなく、粘土専門の特殊機器を使うことでさらさらの砂に変えられるようになります。粘土残土をふるいにかけて高品質の処理土を作りだすことができるミキサーにかけることもできます。

このような土質改良機の導入を考えているときには、専門家に相談することが大切でしょう。建築現場から出てくる残土の性質によっては、一般的な特殊機械ではできない場合もあります。そういった際には専門家を現場に読んで、調査をしてもらってから適切な特殊機械を選んでももらうことができるでしょう。効率の良いレイアウトなども教えてくれることもあるので、導入を考えている場合には、気軽に相談をして効率良く作業が進められるようにしましょう。

Copyright© 2015 次世代の魚群探知機やPLCを導入する|世界を拓く特殊機械All Rights Reserved.